関係代名詞


~関係代名詞~

まず関係代名詞という言葉から意味を考えてみよう。
関係 / 代名詞、と二つに分けて考える。

・働き→関係(文と文をくっつける=接続詞)+代名詞(関係代名詞節で代名詞になる)
・役割→形容詞のカタマリをつくる

関係代名詞のという文字にはこういう意味が含まれているのだ。言い換えれば、関係代名詞が含まれる文は必ず2文に分けることができるということ。しかし、今の様な言葉の説明だけではわかりづらいところ。まずは、どうやって関係代名詞が文と文をくっつけ、代名詞になるかを具体例で見てみよう。

早速から関係代名詞を使って2つの文を1つにするのだが、以下の手順で文をくっつける。


―関係代名詞を使った2文→1文合体方法―
------------------------------------------------------------------------------------
(1)2文で共通する語に線を引く
(2)そのうち(代)名詞を関係代名詞にする
(3)関係代名詞を文の頭に置く
(4)関係代名詞を含む文を残りの単語(先行詞)にくっつける。
------------------------------------------------------------------------------------

※(2)においては代名詞を関係代名詞に変換する際以下の表を覚えること。
関係代名詞には三種類=主格・目的格・所有格がある。


          主格    目的格    所有格
人         who     who(m)    whose
人以外        which    which    whose
人・モノ以外両方OK that    that
 ―――――
では以下の2つの文を関係代名詞で1文にしてみよう。
―関係代名詞の主格-

・①Kumi has a friend.
・②He lives in Kyoto.

(1)2文で共通する語に線を引く
→a friendとheが同じなので線を引く
・①Kumi has a friend. ②He lives in Kyoto.

(2)そのうち代名詞を関係代名詞にする
→ここではheが代名詞(he, she, theyなどのこと)
・①Kumi has a friend. ②who lives in Kyoto.

(3)関係代名詞を文の頭に置く
→すでに文の先頭に来ている
・①Kumi has a friend. ②who lives in Kyoto.

(4)ピリオドを消して関係代名詞を含む文を残りの単語(先行詞)にくっつける。
Kumi has a friend who lives in Kyoto.


関係代名詞の主格では
人   <who V…>
人以外 <which V…>

というカタチになる。


では以下の2つの文を関係代名詞で1文にしてみよう。
―関係代名詞の目的格-

・①The girl spoke English.
・②I met her in the park.

(1)2文で共通する語に線を引く
→The girlとherが同じなので線を引く
・①The girl spoke English. ②I met her in the park.

(2)そのうち代名詞を関係代名詞にする
→ここではheが代名詞(he, she, theyなどのこと)
・①The girl spoke English. ②I met whom in the park.

(3)関係代名詞を文の頭に置く
→すでに文の先頭に来ている
・①The girl spoke English. ②whom I met [ ]in the park.

(4)ピリオドを消して関係代名詞を含む文を残りの単語(先行詞)にくっつける。
The girl whom I met [ ] in the park spoke English.

関係代名詞の目的格では
人   <who (m)S + V [ ]…>
人以外 <which S + V [ ]…>
というカタチになる。
※空欄(名詞の穴)ができるところがミソ!


では以下の2つの文を関係代名詞で1文にしてみよう。
―関係代名詞の目的格-

・①I have a friend.
・②His name is Tom.

(1)2文で共通する語に線を引く
→a friendとhisが同じなので線を引く
・①I have a friend. ②His name is Tom.

(2)そのうち代名詞を関係代名詞にする
→ここではhisが代名詞(he, she, theyなどのこと)
・①I have a friend. ②whose name is Tom.

(3)関係代名詞を文の頭に置く
→すでに文の先頭に来ている
・①I have a friend. ②whose name is Tom.

(4)ピリオドを消して関係代名詞を含む文を残りの単語(先行詞)にくっつける。
I have a friend whose name is Tom.
関係代名詞の目的格では
人・人以外<whose+名詞 V…>
というカタチになる。


―前置詞+関係代名詞

このパターンで使える関係代名詞はwhichとwhomしかない。逆に言えばこのパターンで他の関係代名詞が使われていた場合、即間違いだと判定できる。
This is the city which she was born in「これは彼女が生まれた町だ」
この文はもともと二つの文
(1)2文で共通する語に線を引く
→the cityが共通
This is the city. She was born in the city.

(2)そのうち(代)名詞を関係代名詞にする
→the cityを目的格の関係代名詞 which を使用する(先行詞が物なので)
This is the city. She was born in which.

(3)関係代名詞を文の頭に置く
→whichを前に持ってくる
This is the city. which she was born in.

(4)関係代名詞を含む文を残りの単語(先行詞)にくっつける。
※この場合二つのパターンがある。
→(a)のように、そのまま関係代名詞だけを前に持ってきた場合と、(b)のように本来は前置詞+関係代名詞であったので、二つまとめて前に持ってきた場合である。

(a)This is the city which she was born in.
(b)This is the city in which she was born.

となる。

前置詞+関係代名詞のうしろは完全な文
[ ]+関係代名詞の問題では(※[ ]に前置詞を入れる問題)、前置詞を関係詞節のうしろに移動して、“動詞との関係”・“先行詞との関係”を考えて解くのがポイント。



―thatが好まれる場合。

Thatはどちらも使えて便利な印象がある。しかし、どちらでもいいなら入試に問題にならないが、thatでなくてはならない場合が存在する。そこを押さずして高得点は望めない。
以下5つのパターンをマスター

(1)先行詞に「すべて」「ゼロ」などの語が含まれているとき
(2)先行詞に「唯一」「最上級」などの語が含まれているといき
(3)先行詞に「(人)+(人以外)」が含まれていとき
(4)疑問詞+関係代名詞のカタチになるとき
(5)先行詞が関係節内で補語になるとき

―thatが好まれない場合(thatを使用してはいけない場合)
Thatが使えないパターンもある。以下二つをおさえればOK。
(1)非制限用法では使えない
(○)She has three brothers, who lives in Kyoto.
(×)She has three brothers, that lives in Kyoto.
(2)前置詞の後ろに置くことはできない







―連鎖関係代名詞

She is the person who I thought was a teacher.「彼女は、私が先生だと思っていた人です」
(1)She is the person.
(2)I thought person was a teacher.

She is the person. I thought [ the person was a teacher. ]
She is the person. I thought[ “who” was a teacher. ]
She is the person. who I thought[ < > was a teacher. ]
She is the person who I thought [ < > was a teacher. ]

解き方→S+“思考系のV”(think, believe, suppose, imagine)をカッコでくくって文構造をスッキリさせる!



関係代名詞
・①what=the thing which
・②what→<what+不完全な文>のカタチで使う
※The thing which+不完全な文を考えてみれば明らか(whichは関係代名詞)

―↓もっとわかりやすく↓―

(a)先行詞がない(隠れている)
(b)whatの文はまとめて名詞のカタマリをつくる
(c)後ろは不完全


・what S is/am/are 現在のS
・what S was/were 過去のS
=what S used to be
・what is 比較級
・what is more 「その上、さらに」
・what is called 「いわゆる」
=what we/ they/ you call
・A is to B what C is to D 「AとBの関係はCとDの関係と同じだ」
・what with A and (what with) B「AやらBやらで」




関係形容詞のwhat

what=all the+名詞+that

what moneyやwhat love what little food what little moneyなどのカタチで使う。


―関係副詞と複合関係詞
中学校で関係副詞は習っていない。高校で初めて出てくる新分野だから、どうしても苦手意識をもって食わず嫌いな人が後を絶たないが、関係代名詞とほとんど性質は同じなのだ。
関係副詞という言葉は関係代名詞同様、関係 / 副詞と二つに分けて考えるといい。

関係副詞
・働き→関係(文と文をくっつける=接続詞)+副詞(関係副詞節の中で副詞になる)
・役割→形容詞のカタマリをつくる

関係代名詞の“代名詞”のところを“副詞”に変えただけである。ただ、副詞という性質を抑えなければ、関係代名詞との違いがわからない。ここでちょっと補足。

・副詞は文の要素にならない。
・前置詞+名詞は文の要素にならない。
※例外もあるが無視してよい

文の要素にならないということはSVOCのどれにもあたらない。もっと言えば(カッコ)でくくって、省略してもいいということ。とりあえず、副詞と前置詞+名詞は(カッコ)でくくってシカトできる!とおさえよう。
では、それらを踏まえつつ以下例文を見ていこう。まず、前置詞+関係代名詞の復習から。

This is the city. She was born in the city.

という二文を関係代名詞を用いて一つの文にするには以下2パターンがあった。

1 This is the city which she was born in.
2 This is the city in which she was born.

つまり、①前置詞は後ろにあってもいいし、②前置詞+関係代名詞とセットになる、ということ。ところで、関係副詞はどうなるのか。同じ例文で以下見てみよう。

基本的に関係副詞を使った二文→一文方法は同じである。

(1)2文で共通する語に線を引く
→the cityが共通
This is the city. She was born in the city.

(2)in the cityは副詞である(町で…)ので、名詞を関係代名詞にする
→the cityを目的格の関係代名詞 which を使用する(先行詞が物なので)
This is the city. She was born in which.

(3)関係代名詞を文の頭に置く
→whichを前に持ってくる
This is the city. which she was born in.

(4)関係代名詞を含む文を残りの単語(先行詞)にくっつける。
※この場合二つのパターンがある。
→(a)のように、そのまま関係代名詞だけを前に持ってきた場合と、(b)のように本来は前置詞+関係代名詞であったので、二つまとめて前に持ってきた場合である。

(a)This is the city which she was born in.
(b)This is the city in which she was born.


制限用法と非制限用法

具体例をあげれば、「人の名前を教えて!」と突如言われたら戸惑ってします。なぜなら、人といったって、日本人からアメリカ人、男から女、足の臭い人から汗臭い人まで、たくさんいるからである。僕も人だし、あなたも人。これでは誰の名前を言えばいいのかわからない。でも、質問が「世界で一番足の速い人の名前を教えて!」だった場合はどうか。これは難しくない。世界で足が一番速い人は特定できる。ナイジェリア出身ボルトである。。

無料講義+テキスト【マクロ・ミクロ経済学】

最近、書店でテキストを売り、ネットで無料講義を提供するといった高付加価値の参考書が目立っています。

その中には粗悪なものも一部含まれるのですが、この「速習マクロ・ミクロ経済学」はテキストと講義ともに一級品なので、ぜひ資格試験や公務員試験、あるいは大学の講義の補講(大学の講義よりわかりやすいですが)として、活用してほしいと思います。

自分も重宝しています。テキストはちょっと高めですが、講義が無料で見れることを考えれば、むしろ安すぎるくらいです。

 




石川 秀樹先生の経済学に関連する名著は数限りなくあります。

  

このテキストを学んで、より上級のミクロマクロを身につけたい人は以下の本を活用するとよいでしょう。
これで国家公務員一種試験の経済職だろうが経済学の大学院だろうがもう怖くありません。

    


あるいは、講義を受ける前に超基礎から取り組みたいという方は、こちらをどうぞ。
  


まあ、どれも共通していえることなのですが、経済学の参考書のマーケットは小さいので、必然的に価格を上げざるをえないんですね。てなことを言うと経済学の皮肉みたいですが。


以上、経済学で困っている方はお試しあれ。





【2008年度版 就職偏差値】

こちらから引用
2chsyushoku.blog80.fc2.com/blog-entry-9.html

【2008年度版 就職偏差値】

 76 官庁(国Ⅰ本省上位) マッキンゼー GS
 75 日本銀行(総合職) モルガンスタンレー メリルリンチ BCG
 74 官庁(国Ⅰ本省下位) JPモルガン ベイン
 73 フジTV 日テレ UBS リーマン BAH ATカーニー
 72 テレ朝 TBS MRI 日興citi ADL DI JAL/ANA(パイロット)
 71 NRI(コンサル) DIR(リサーチ) 野村證券(IB/リサーチ) ドイチェ RB
 70 三井不 テレ東 三菱商事 電通 講談社 JBIC アクセンチュア(コンサル) P&G(マーケティング) CSFB Barclays
 69 三菱地所 三井物産 JR東海 日本郵船 博報堂 マイクロソフト(マーケファイナンス) Calyon パリバ 小学館 朝日新聞
 68 東電 商船三井 読売新聞 集英社 共同通信 NHK 任天堂 トヨタ 新生銀(IB) みずほ(GCF/証券) 旭硝子
 67 住友商事 JICA JR東 関電 NRI(SE) ソニー 時事通信 信越 富士フイルム 新潮社 毎日新聞 味の素 東証 新日石
 66 JASRAC JAL JETRO 川崎汽船 JRA 東京ガス 日本コカ 日本リバ 本田技研 ADK 農中 新日鐵
 65 花王 地方電力 JR西 伊藤忠 松竹 キリン 松下電器 メトロ ソニーME citi キヤノン ドコモ 産経 大ガス 地方局 日産
 64 大和SMBC 東急不 丸紅 日立 リコー 旭化成 NTTデータ オラクル サントリー 東京海上 JFE 都庁
 63 三菱重工 P&G(非マーケ) マイクロソフト(非マーケファイナンス) JT 富士ゼロ IBCS シェル 住友不 日本IBM 日本hp
 62 川崎重工 三菱UFJ信託 資生堂 アサヒ 松下電工 豊田通商 信金中金 NTTコム NTT東西
 61 三井化学 日本生命 シャープ 明治製菓 住友化学 森ビル 地方JR 三菱電機
 60 武田薬品 オリエンタルランド デンソー 住友電工 住友金属 神戸製鋼 富士重工 三菱東京UFJ 
 59 J&J MS海上 損保ジャ 三菱倉庫 日立ハイテク 三菱化学 住友3M 日清食品 日清製粉 鹿島
 58 第一生命 住友信託 みずほ信託 中小公庫 清水 大成 地方新聞 JA共済 キーエンス
 57 商工中金 国民公庫 中央三井 最上位地銀 三井倉庫 大林 竹中 帝国デタ 国Ⅱ
 56 みずほ(OP) SMBC 野村證券(OP)

2005年度版 就職偏差値

こちらから引用
http://infoseikei.jp/sk/cgi-bin/bbs/mibbs.cgi?mo=p&fo=job&tn=0199&rs=511&re=540&rf=no

【2005年度版 就職偏差値】
77 財務省 経産省 外務省
76 日本銀行 警察庁 総務省(自治)
75 総務省(総務+テレコム) 厚労省 金融庁 GS
74 防衛庁 国交省 文科省 JBIC マッキンゼー BCG フジ
73 郵政(総合職) 農水省 環境 内閣府 NRI(コンサル) DBJ モルガンスタンレー
72 その他官庁(1種)日テレ MRI 講談社 野村證券(リサーチ) みずほ証券 ドイチェ 日興citi
71 三菱商事 朝日新聞 集英社 電通 アクセンチュア(戦略) ベイン ATカーニー メリル JAL/ANA(パイロット)
70 JR東海 三井物産 JP-モルガン 小学館 三菱地所 三井不動産 読売新聞 博報堂 TBS
69 日本郵船 ソニー 共同通信 日経 毎日新聞 新潮社 P&G(マーケ) JICA NHK JAXA 大和SMBC DI
68 東電 関電 住友商事 東京ガス テレ朝 トヨタ 任天堂 商船三井 武田(スタッフ) 東京海上 農林中金 UBS
67 中電 産経 準キー テレ東 大阪ガス 旭硝子 新日鐵 三菱重工 三菱信託 野村AM リーマン パリバ JAL ANA
66 JR東 新日石 三井化学 ソニーME 花王 伊藤忠 本田技研 東京三菱UFJ 時事通信 東証 味の素 外専
65 富士フイルム 住友信託 信金中金 松下電器 日本生命 住友化学 ジャフコ サントリー 日本コカ マイクロソフト citi
64 地方電力 JR西 三井住友銀 ADK 丸紅 旭化成 日産 川崎汽船 ドコモ 角川 JFE キリンビル JT JRA 政令市
63 住友不 キヤノン 三菱化学 新生銀 JASRAC 地方局 リコー 東宝 日清製粉 地方新聞 アサヒビル リクルート 県庁
62 日立 王子/日本製紙 みずほ メトロ 東レ 松竹 信越 日本リバ 日清食品 住友電工 鹿島 NRI(SE) IBM シェル
61 東急電 シャープ 川崎重工 ニコン 日本HP NEC コニミノ コマツ NTT東 富士ゼロ 日銀(特定) デンソ- JA共 IBCS
60 MS海上 東芝 三菱電機 オリンパス 帝国デタ アクセンSE 地方JR NTT西/データ 清水 資生堂 住友3M コスモ
59 野村證券 森永製菓 東邦ガス 豊田織機 商工中金 カゴメ キッコーマン 損保ジャ 出光 大成 大林 NTTコム 国Ⅱ
58 最上位地銀 国民公庫 村田製作所 森永/明治乳業 KDDI オリエンタルランド アビーム ユニチャーム インテリジェンス
57 あおぞら銀 第一生命 中小公庫 サッポロ IHI オムロン 三洋電機 バンダイ 神戸製鋼 伊勢丹 日本板硝子
56 凸版 アイシン精機 中央三井 ブラザー 明治製菓 住友金属 パイオニア ビクター オリックス 船井総研 ワコール
55 大日本印刷 上位地銀 農林公庫 ヤクルト ミツカン 明治安田生命 三菱マテリアル コーエー 富士重工 富士通
54 大和證券 日興コーディアル ハウス AFLAC ALICO JCB 積水化学 興亜/あいおい損保 住友生命
53 中位地銀 JA各都道府県 サントリーフーズ キリンビバレジ

編入試験おすすめ書籍

ここでは、編入試験のAtoZについて説明します。知識ゼロから編入試験についての解説です。まずは、編入試験入門をクリックして、編入学制度の概要を理解しましょう。編入の基本を踏まえた上で、各自志望する学科の試験科目についてみてください。


■編入学関連オススメ書籍

              




 
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。