英語最難関大学への英語

  • カテゴリ:英語
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
英語最難関大学、すなわち外大系列・早大国際教養・慶大sfc・上智大外国語学部英語学科・ICUなどを受験する者、もしくは東大・京大・一橋・早慶・上智大の受験者で英語を得点源にしようと考えている者を対象としてテンプレである。
※主に英作や要約などは含まれないので、私大向けである。

以下、ある程度英語の勉強に対して理解を持つ者が見ることを考慮し、あえてこちらから細かく勉強方法は指定しない。概略もしくは参考書の内容を示す。どれを選択して良いかわからない場合は個別に相談は可能。ちなみに、すべてテンプレを作成するにあたってこれらの参考書はすべて目を通してある。そのあたりはご安心いただきたい。

~使用参考書~
※上から下に行くにつれて受験からは遠ざかる。ゆえに、上から参考書を選ぶのがベター。
―単語
・『単語王』(オーメソッド出版)
・『Duo3.0』
・『リンガメタリカ』(Z会出版)
・『速読英単語(上級編)』(Z会出版)
・『日本初!同時マスター長文・英単語 (激増テーマ編) 』(東進ブックス)
・『多読英語長文』(Z会出版)
・『ゴロあわせ合格英単Vワード(上級編)』
・『同(完結編)』
・『Advanced 1000 ver.』(Z会出版)
・『TOEFL TEST 必須英単語5000』(ベレ出版)
・『必ず覚えられるTOEFLテスト英単語3400』(アルク)
・『意見・考えを論理的に述べる英語表現集』(ベレ出版)
・『英単語・熟語ダイアローグ1800』(旺文社)

―熟語
・『解体英熟語』(Z会出版)
・『システム英熟語』(駿台文庫)
・『頻出英熟語問題1000』(桐原書店)←難易度は高い

―文法
・『頻出英文法語法問題1000』(桐原書店)<10日>
・『東進パーフェクトマスター 完全版 英文法語法問題集1000』<10日>
・『Flash!Grammar1・2(二冊でセット。金かかる)』(オーメソッド出版)
・『英文法のトレーニング―演習編』(Z会出版)

―解釈
・『英文和訳演習』(中級編)
・『英文解釈技術100』(桐原書店)
・『京大英語25ヶ年』
・『英文解釈教室』(研究社)
・『英文和訳演習』(上級編)
―長文
・『永田の英語の真髄』(東進ブックス)
・『横山ロジカルリーティングの実況中継-実戦演習編②』(語学春秋社)
・『慶應SFCの英語』(トーフルゼミナール英語教育研究所)
・「京都大学経済学部 論文入試」過去問

~やり方~
・『単語王』(オーメソッド出版)
→細かい訳もチェック。基本単語を極める。
・『Duo3.0』
→復習用CDで暗唱。英作が必要なくとも、基本的な文を暗唱すれば読解速度は上がる。
・『リンガメタリカ』(Z会出版)
→背景知識を完璧にし、CDを聴いて単語フレーズも覚える。意外に覚えられていない。
・『速読英単語(上級編)』(Z会出版)
→おそらく難しく感じないはず。通常の受験レベルとしては限界だ、サクサクこなせ。
・『日本初!同時マスター長文・英単語 (激増テーマ編) 』(東進ブックス)
→CDがいい。ただ、単語が含まれているのが残念。本文だけ多読する。
・『多読英語長文』(Z会出版)
→意外に難しい。リンガメタリカでは得られない背景知識が獲得できる。
・『ゴロあわせ合格英単Vワード(上級編)』
・『同(完結編)』
→受験に必要なさそうなものもアットランダムに含まれているが、気にせずすべて覚える。
・『Advanced 1000 ver.』(Z会出版)
→多読のための本。とにかく多聴多読。速読力養成。単語は二の次。
・『TOEFL TEST 必須英単語5000』(ベレ出版)
→多読の本。また、リンガメタリカで蓄えきれない知識も文章から吸収する。巻末の単語は気になった分野ものをチェックしよう。
・『必ず覚えられるTOEFLテスト英単語3400』(アルク)
→ゴロ・語源などが記載されている覚えやすい難単語集。すべてやる必要はなく、知らないところから始める。
・『意見・考えを論理的に述べる英語表現集』(ベレ出版)
→多読用。ディベートようなので本文自体は難しくないが、CDがとても速いので学習効率がいい。英検1級・通訳士試験用だけあって、背景知識も手に入る。また、自由課題英作文の間隔もここで身につけられるかもしれない。
・『英単語・熟語ダイアローグ1800』(旺文社)
→英文レベルはCore 1800より下。ただ、量が多いこと、会話形式なこと、生活用の単語などがイラストになっていることなど、いつもの単語集とは違った刺激が得られる。もともとTOEIC受験用だが、早大など会話対策としても使えるかもしれない。いずれにせよ、難しいものばかり読んで固くなった脳のマンネリ化を防ぐためのものである。

―熟語
・『解体英熟語』(Z会出版)
・『システム英熟語』(駿台文庫)
・『頻出英熟語問題1000』(桐原書店)←難易度は高い
→3冊すべて目を通し、覚えきれていない熟語に付箋を貼り、こまめに見る。穴をなくすためのもの。他の熟語は多読する中で覚える。
―文法
・『頻出英文法語法問題1000』(桐原書店)<10日>
・『東進パーフェクトマスター 完全版 英文法語法問題集1000』<10日>
・『Flash!Grammar1・2(二冊でセット。金かかる)』(オーメソッド出版)
・『英文法のトレーニング―演習編』(Z会出版)
→まず、桐原1000と東進1000をこなし、穴をなくす。次にFlash!GrammarのTipsを完璧にすること。本来、ここまでくれば大学受験レベルならこれ以上やる必要はないがZ会の演習編で奇問対策。これ以上の文法学習はむしろ体に毒。
―解釈
・『英文和訳演習』(中級編)
・『英文解釈技術100』(桐原書店)
・『京大英語25ヶ年』
・『英文解釈教室』(研究社)
・『英文和訳演習』(上級編)
→これらの本は本来和訳をするためのものだが、和訳せず読み流すだけでいい。その中で知らない表現や単語、文構造など付箋&マーカーでチェックしていく。とりあえず、一冊だけやるとしたら『英文解釈教室』(研究社)がおススメ。なぜかsfc受験生で使っているやつがいた。京大英語については和文英訳はやらない。和訳部分だけ読み流す。
―長文
・『永田の英語の真髄』(東進ブックス)
→横ロジの方法論に物足りなさを感じている人はおススメ。予備界一の理論かもしれない。
・『横山ロジカルリーティングの実況中継-実戦演習編②』(語学春秋社)
→問題が難しいのでおススメ。要約などわざわざ書きだす必要はなく、読み込むだけでいい。その中で、背景知識や読解法を確認する。
・『慶應SFCの英語』(トーフルゼミナール英語教育研究所)
→完全に多読用である。赤本でもいい。
・「京都大学経済学部 論文入試」過去問
→経済の内容など結構難度が高い。和訳を読んでから読み流してもおk。重要なことは難しい英文にたくさん触れること。これはレベルにかかわらず必須要件である。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。