カンドリミクロ

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
学生以来久しく経済学とは距離を置いて生きてきたが、久しぶりに書店で経済学の書を手にした。

それも経済学の中でも最も理論的・理数的、ゆえに現実離れの批判を受けるミクロ経済学である。

でも、そのミクロ経済学が面白い

もちろん、数学の使用は避けられないが、数式があるゆえに、厳密で論理的な思考プロセスをたどることができる。

また、このカンドリミクロは現実の事例が豊富で、象牙の塔でこもっている学者たちだけの世界という印象は払しょくされている。

まだ完全読破はしていないが、読んでいてとても楽しい。


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。