五観の偈

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
スティーブ・ジョブスが禅に強く影響を受けたことは有名です。一説によると、あの黒いタートルネックは僧侶の作務衣ではないか、という見方もあるそうです。

ところで、禅宗の修行僧は食事の前に「五観の偈」という以下の文言を唱えるそうです。
非常に得心致しましたので、自戒の念をこめ引用します。

・一つには、効の多少を計り、彼の来所を知る。
→ 食事はいかに多くの人の手数と労力がついやされているか、その労苦を思い、自然の恩恵を忘れてはならない。

・二つには、己が徳行の全欠をはかって、供に応ず。
→ 自分の日々の行いを反省してこの食事をいただく。

・三つには、心を防ぎ、過食などを離るることを宗とす。
→ 食べ物に不平・不満をいだかず、飲み過ぎ・食べ過ぎのむさぼる心をおこさないよういただく。

・四つには、まさに良薬を事とするは、形枯を療ぜんがためなり。
→ 食事は身心の健康のためにいただくのであり、決しておろそかに食べない。

・五つには、道行を成ぜんがために、この食をうくべし。
→ 食物をいただいてこの身心を支えると共に、一切の生命に感謝し、この日々を自他の向上としあわせを目指し、毎日を大切に生きていくこと。


小池龍之介氏は、ダイエットはつまるところ、心の問題で、上記のことを意識し、ながら食事を排して、静かに味わって食事をすれば、自ずとその目的は達成されるとおっしゃっております。

  

  

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。