円安 大手メーカー決算良好

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
黒田バズーカで円安傾向にありますが、円安の恩恵が如実に現れている好例です。

『キヤノン決算 円安で増益見通し』
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130424/k10014164651000.html


同じ売上高でも、為替の影響で、営業利益が2300億円も増益になるというのだから驚きです。トヨタなんかも同程度の影響があるのでしょうが、同じ個数を作ったり、売ったりしていても、円換算やドル換算でガラっとかわるわけです。ただ、実体に変化がないのに、為替で成績がよく見えている、ということは忘れてはいけません。

ところで、キヤノンの田中稔三副社長は経理畑出身でCFOでもあるのですが、この方のコネントに「大胆な金融緩和により円高修正」や「米国や欧州の財政問題により」といった文言をみるに、経理屋は経理のことだけをしていればいいという話にはならないことがわかります。会社の役員ともなると、経営の担い手なわけで、その経営は、経済の影響を受けずして成り立つことはないので、必然的に、経済周りの知識の習得を迫られるわけです。しかも、そのコメントがマスコミを通じて世に報じられるわけで、浅はかななことを口にできないわけですから、相当な修練が要求されるはずです。

いやあ、頭があがりませんね。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。