国際収支とは

■国際収支とは

国際収支とは、ある一定期間内での、居住者と非居住者の経済取引を記録したものです。具体的には、日本と外国との財・サービス・金融資産のやりとりの統計データです。主に経常収支、資本収支、外貨準備増減の三つから成り立ちます(誤差脱漏という統計の誤差を調整するための項目もあり)。国際収支は、複式簿記の原理にのっとって作成されるので、たとえば、貿易収支(経常収支の一部)が増えると、資本収支が赤字になります。それゆえ、

  経常収支+資本収支+外貨増減=0 

という式が成り立ちます。

■国際収支の中身

国際収支は、経常収支、資本収支、外貨準備増減、誤差脱漏の項目から成り立ちます。より細かく見ると、国際収支の項目は、次のように分解されます。

経常収支
   貿易収支:財貨の取引
   サービス収支:輸送、旅行、通信、建設、保険、金融、情報、特許権使用料など
   所得収支:雇用者報酬(外国への出稼ぎによる報酬)と投資収益(利子・配当金など)
   経常移転収支:政府間の無償資金援助と国際機関への拠出金
資本収支
 
 投資収支
   直接投資:経営支配を目的とした株式投資など。
   証券投資:債券や株式の取得。
   金融派生商品:オプション、先物、通貨スワップの元本交換差額、金利スワップの取引など
   その他投資収支:貿易信用、現預金
 その他資本収支

外貨準備増減:政府の対外資産の増減

誤差脱漏:統計のモレなど、不整合を修正する

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。