損害保険とは

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
■損害保険とは

損害保険とは、自然災害、事故、ケガなど偶発的な出来事による損害をカバーする保険です。主に、生命保険が「ひと」を対象にしているのに対し、損害保険は「もの」を対象にしています。

98年以降、行政指導の下、損害保険は自由化が推し進められた結果、銀行の窓口販売や第3分野の解禁などが行われ、多種多様な商品が開発されています。ここでは、損害保険を個人向けと法人向けのふたつに大別する。

■個人向け保険

・自動車の保険
自動車事故による損害に備える保険。法律に基づき、すべての自動車・原付の保有者に加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)と上乗せとして加入する任意保険がある。

・火災保険
火災、天災、水漏れ、盗難などにより建物・家財に生じた損害に備える保険。

・地震保険
地震や噴火などにより建物・家財に生じた損害に備える保険。

・傷害保険
突然の事故による入院・通院・死亡などにより生じた損害に備える保険。

■法人向け保険

・賠償責任保険
企業活動によって生じた賠償リスクに備える保険。

・貨物運送保険
輸送中の事故などによる貨物へのダメージで生じた損害に備える保険。

・興行中止保険
イベントが、悪天候や出演者の出演不能などの不測かつ突発的な事情により中止になった際に生じる損害に備える保険。

「保険を学ぼう―東京海上日動火災」
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/guide/study/sonpo.html

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。