投資信託とは

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
■投資信託とは
投資信託とは、投資家から集められた資金を資産運用家が、株式・債券・不動産・金融派生商品に投資し、そこで得られた利益を投資家に還元する金融商品のことです。小口の資金を集めて、大口で運用するため、個人では手が出ない金融商品に投資することが出来ます。投資信託には、次の三つの会社が関係してきます。

販売会社:投資家から資金を集める
運用会社:投資家の資金の運用方法を管理会社に指図する
信託銀行:投資家の資金を管理する。運用会社の指図を受け、株・債券を購入する。

■基準価格とは

「純資産総額」=資産(株式や債券など)を時価評価+利息・配当収入ー手数料などの費用

基準価格とは投資信託を売買する際の単位の事です。基準価格の算出方法は、投資信託の資産の時価に利息や配当収入を加え、信託報酬などの必要費用や分配金を差し引いてはじき出した「純資産総額」を投資信託全体の口数で割って算出します。

■投資信託の分類

投資信託は、投資する資産に応じて、大きく二つに分類されます。株式を一切、資産に組み入れない「公社債投資信託」、株式を組み入れが可能な「株式投資信託」のふたつです。それぞれ、最初の決められた期間しか購入できない「単位型」と購入したいときにいつでも購入できる「追加型」に分かれます。

■最近、人気の投資信託

・ETF(株式指数連動型投資信託):日経平均や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数に連動するようにつくられた投資信託です。株価指数は、通常であれば、先物取引やオプション取引などでしか投資できず、また、リスクが高いので、素人が手を出しにくいのですが、ETFなら最低投資金額10万円からという低価格でスタートでき、かつ、リスクがデリバティブに比べて低いので、投資がしやすい特性を持ちます。

・REIT(不動産投資信託):投資家から集めた資金をオフィスビルや賃貸マンションなどの不動産に投資し、収益を投資家に分配するという仕組みです。通常、不動産投資は、多額の資金が必要となるところを、小口でスタートする事ができ、また、REITは証券取引所に上場しているので、いつでも市場で売買できるので、流動性に優れています。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。