キャットハウス

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:1件
  • EDIT
しょーもない話ですが、我が家にはネコが一匹います。

拾った猫、というよりある日自宅の前で助けてくれという懇願して、家族会議の結果、受け入れるということになったようなやつなのです。

最初こそは低姿勢だったものの、そのうちテレビの前を陣取ったり、夜遅くに帰ってきて「あけろや」とかまびすしく鳴いたり、まったくもってヤクザなのですが、それでいて誰も彼を責めていないところを見るに、彼は我が家の中では特権階級の位置にいるわけです。

そんな彼が来たのも10年近く前で、子猫だった時分よりだいぶ体が弱ってきたのか、いつも寝てばかりで少し心配なのです。

何か案はないかと考えあぐねた結果、部屋の中で心地よく寝てもらうにしくはない。

キャットハウスを買おう。フリーター、家を買う、ではありませんが、そんなものがあるのかとアマゾンで検索。

でも、お高いんでしょう?と心の中でつぶやきながら画面を縦横無尽にスクロールさせていると、あった。

あった、というのは、犬小屋と題したダンボールでした。

1000円で、なんでもダンボールを組み立てると画像のようになるそうで、値段も1000円とまあ悪くない。

しかし、これはどうなんだ?うちのネコは果たしてこのダンボール式のエセキャットハウスを気に入ってくれるのか。

気に入ってくれなかった場合、このダンボールの使い道がなく、彼は即資源ごみゆきという運命を辿ることになるのが心無いが、リスクなきリータンはない、結句、このわけのわからないダンボールを購入することにした。


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。