おすすめ!聴くだけシリーズ

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
常々思っていたことですが、教科書を音読してくれる参考書があれば、もっとラクに勉強ができるのに、ということでした。その折に、例のごとく、本屋に立ち寄ってみると大学受験の日本史コーナーに「聴くだけ日本史」と題された本がおいてありました。
 

立ち読みしてみれば、この本にはCD-ROMに全文章の朗読が集約されており、それこそ歩きながらでも勉強できるとのことでした。

素晴らしい。こういう本を待っていた。値段も1500円と安価です。

しかし、大学受験でもない限り、特段日本史を勉強する気がない私は、もうちょっと自分にとって役立つ分野で朗読参考書が出版されないかなと思っていたのです。だから、買いませんでした。

しかし、2ヶ月前ほどに、この聴くだけシリーズの政治・経済版が出たというのをアマゾンで発見しました。ちょうど、政治経済の復習をいつかしたいと考えていたところ、ここは先途と即購入しました。




1冊をすべて読み終わるのに、約8時間かかわる訳ですが、場所を選らばずに何度も聴いてみたところ、記憶への定着は漫然と読むよりよいと実感しています。

2倍速で聴いているので、かれこれ5周くらいさせたわけですが、テキストを読まずに聴いただけで、テキストを読むときの理解力の負担が軽減して、スラスラと読めました。

受験目的ではありませんが、一般常識としてこれを活用しています。

受験生にも当然おすすめですが、社会人の方、就職活動で新聞を読む前に、社会の基礎的な仕組みをもう一度おさらいしたい人にはおすすめです。なんといっても、どこでも聴けますから。かといって、講義のように冗長性がなく、説明がコンパクト。強いて言うと、読み上げている内容が淡白なので(あたりまですが)、ちょっとあきるのが難点ですね。

いずれにせよ、私は愛用しています。

   

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。