形式主語・形式目的語構文

形式主語・形式目的語構文とその他
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
It is 形 for 人 to do<“for人”がなくてもOK>
訳  「人がdoするのは 形 だ」
例文:It is important to study English hard.
「英語頑張って勉強することは重要だ。」

このitは「それ」とは訳さない。理由はこうだ。
「英語を頑張って勉強することは重要だ」という日本語を英語にするとき

[ To study English hard ] is important.

と本来はしたいところなのだが、この文の主語が長いので後ろにやる(英語は頭でっかちが嫌い。人間の世界でも同じだ。頭がデカいとモテん。小顔の方がモテるんだ。)

[      ] is important to study English hard.

すると主語の部分に空白ができてしまう。これだと、もともと主語がどこにあったのかわからないので目印が必要となる。そこでとりあえず“it”という目印を置く。そうすると、

“It”is important to study English hard.

という文が完成する。頭すっきりこれで八頭身文章クンが完成だ。そこでこのitはカタチだけ主語ということで、形式主語(仮主語)と呼ばれる。ついでにto do以下を本当の主語ということで“真主語”と呼ばれる。ここで大切なのは小難しい“形式~”とか“真~”とかを覚えるのではなく、
It is 形 for人to do
というカタチをしっかり覚えることが大事。訳す時はitにto do~を代入するとよい。読む時は前から一気に読み、itはとりあえず「それ」と訳さず「it」と訳す、つまりそのままitと読み後半以降その内容が出てくるのを待ち構える。Itはただの箱でto do~が箱の具体的な中身だとイメージしよう。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
It is 形of人to do
「人がdoするなんて形だ」
例文:It is kind of you to invite me to the party.
「私をパーティーに招待してくれるなんて、あなたは親切ですね。」
ちょっと見たことあるような構文だが、It is 形 for 人 to doとは地と違うので注意したい。この構文では人の感情をあらわす形容詞だった場合「人が」の部分を“for人”ではなく“of人”にするのだ。ただ、“人の感情をあらわす”つったっていろいろある。そもそもこの形容詞の定義自体があいまいだ。だから、見分け方だけ分かれば入試は解ける。それは
人=形容詞か人≠形容詞かのどちらか。

人=形容詞→It is 形for人to do~構文
人≠形容詞→It is 形of人 to do~構文
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------






例文:I found it difficult to study English hard.
「英語を頑張って勉強することは大変だと思った。」
この日本語を英語にすると本来は、

(S) I (V) found (O) [to study English hard] (C) <difficult>.

これはSVOCの5文型でI find O C「OがCだとわかる」となるので、この文ではI found <O>[to study English hard] <C>[difficult].として、I find O C「OがCだとわかる」としたいところなのだが、いかんせん“O”が長いので文章全体がみにくい。ということで先の形式主語と同様にto study~を後ろにやって、本来Oがあった位置に目印itを置く。

I found [to study English hard] <difficult>.

I found[        ] <difficult> [to study English hard].


I found “it” difficult to study English hard.

という流れで出来上がるのである。Itはもともと本来の目的語の位置になるのでカタチだけ“目的語”つまり“形式目的語”となり、to study~は本当の目的語=真目的語となる。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。