ここではセンター数学の勉強法について扱います。

センター試験の数学は一般の入試の対策では足りません。センター個別の大作が必要です。もちろん理系の人だったり、文系でも数学を武器にしようと思っている人にとっては過去問を数年分とけば九割得点できるようになるでしょう。しかし、大半の人はセンターの時間制約と誘導問題形式に戸惑ってしまい、実際の実力以下の得点しか出せない可能性が高いのです。このことから、センター特有の大作をすることが必要になります。また、センターの対策からまなべる数学テクニックなどもあるので、センターだけのための勉強というわけではありません。ちゃんと一般入試でも戦えるテクは身に付きます。

というわけで以下解説してきます。


まず、センター特有の形式に慣れること以前に、基礎知識がないことには始まりません。

実のところ、基礎知識の習得が大切といえども、センターに必要な知識は一般入試で要求されるそれより少ないのです。だから、本来ならチャート式などの参考書でしっかりと土台を固めてからセンターに臨むべきなのですが、センターに出る基礎知識の部分を身につければ、問題ないのです。そのため、センター試験のための基礎知識習得本が必要になります。そこで数学ⅠAⅡBそれぞれ以下の参考書から導入としてやりましょう。


ほぼゼロ知識からはじめることができます。
センターの問題に取り組むための知識をここで身につけます。






 


センター数学がどうしても苦手だけど、受験を避けることができない場合、コンピューター分野を勉強しえ受験するという手段もあります。ただ、私自身そういう経験はありませんし、周りでも聞いたことはないのです。コストパフォーマンス的には通常通り受験するのが一番だと思いますが、どうしても困っている人はこんなやり方もアリという一つの例として知っておいてもらえばと思います。




・数学の勉強法参考図書


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。