計量経済学


まずは入門書から



めちゃくちゃ丁寧に解説されている。統計学の入門でやる項目から入っているので、統計学をほとんどやっていなかった人にも対応できるだろう。練習問題には答えも付いているので、章が終わるごとにしっかりこなす。

次に計量経済学の定番である以下の本を読む。
いわゆる大学受験でいうところの”実況中継”的な位置づけの参考書である。





これを終えたら編入試験レベルなら問題ないだろう。大学院入試まで対応するなら以下の本までやろう。


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。