管理会計

入門書

ゼロからの管理会計にもってこい。まずはここから始めましょう。
わかりやすく解説がされており、会計用語の嵐ということにはなっていません。


会計学は用語に最初面をくらってしまうのですが、ここが第一関門です。
慣れさえすれば、会計の敷居は高くありません。その先にビジネスでも必須の世界が待っていると思えば、
最初の我慢が肝心です。この本では、かなり敷居が低く設定されているので、万人にオススメの本です。


上記の本を読んだら、有る程度まとまりのある本を読みましょう。コンパクトにまとまっている
日経文庫を次に持ってきました。



有る程度かっちりはしていますので、内容は幾分専門的になっています。

さらに、理論だけでなく計算も取り入れいている下の本のうちいずれかに進みましょう。

 


ここまでやれば、学部の定期試験や編入試験(管理会計を受験科目に設定している大学は多くありませんが)
は突破できるでしょう。

さらに、経済学・経営学系の大学院に進む方や会計学大学院に進む方は以下の本まで目を通してください。
かなり本格的な専門書です。つい最近改訂版が出されたので、内容は新鮮です。


  


コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。