編入試験実施大学一覧

以下は、編入試験実施大学一覧です。
URLが切れていたり、内容が更新されていない場合には、管理人まで一報をいただければと思います。

河合塾kalsなどの編入試験予備校では情報が編入試験を実施する大学一覧が公開されています。

■編入予備校で公開されている情報のリンク
大学編入・社会人入試-河合塾kals
文系編入試験情報 - 河合塾kals
理系編入試験情報-河合塾kals
大学編入情報室-中央ゼミナール

■旧帝大
京都大学 法学部
京都大学 経済学部
大阪大学 法学部
大阪大学 経済学部
東北大学 経済学部
名古屋大学 経済学部
神戸大学 経営学部
九州大学 経済学部
北海道大学 経済学部
北海道大学 法学部
北海道大学農学部

■国公立大
神戸大学経済学部
東京外国語大学 外国語学部
神戸市外国語大学 外国語学部

■私立大学
未完成

■受験テクニックとしての経済系統の学部のススメ

ここでは編入学試験を実施している大学・学部について以下説明するが、個々の大学・学部名をあげるのではなく、おおまかな傾向としてフレームを提示することを主眼に置く。具体的なリンク先だけを参照したい方はすぐ上のリンク集があるので参照されたい。ただし、ここではいわゆる学士編入などではなく、大学2年次を修了し他大学3年次(まれに2年次)に編入するものを対象とし、文系の学部を中心とする。

まず、編入試験受験生が知っておかなくてはならないことは、編入試験が東大を除く旧帝国大学で実施されており、経済学部が受験できる数が多いということである。東大を除く旧帝大は、京大、大阪大、東北大、名古屋大、九州大、北大が、経済学部はすべての大学で受験ができる。法学部は東北大が学士編入なら受験できるが、一般編入では入れない。経済学部を受験することにすると旧帝大ならほぼすべて受験できることになる。

さらに、この経済学部の受験しやすい傾向は、他の国公立や私立大の場合でも適用できる。一橋大学は残念なことに受験できないが、旧三大商科大にあたる神戸大、大阪市大は経済学系統の学部が受験できるし、早稲田大学でも商学部が一般編入試験を実施している。人気校以外でも経済学部を受験する者にとって編入学というシステムは間口が広いことが言える。

経済学部の次に多く実施されている大学は、法学部、社会学部系、人文学部系と続く。理系の場合は、高専生なら国立の理系はかなり広範囲にわたり受けることが可能。高専生でない大学生にとってはあまり間口は広くないようだ。早稲田の理工などは受けれる大学の代表格であるが、東大も京大も大学在学中に受けることは不可能だ。

このようなことから、そこの大学に入りたいがために編入試験を受ける人にとっては経済学部や経営学部を狙ったほうが受験機会が増える。しかし、本来ならやりたい学問があって、自分の学部ではできないから編入するというのが望ましいところである。自身の例で言うと、もちろんその大学に生きたいというのはあったが、それ以上に学際系の学部にいたため、自分の専門分野を決めることができていなかったため、何か宙に浮いたような気分であった。それで、転部しようと思ったが、いろいろ都合があり自分の大学ではできないことも判明した。そこで、編入試験を受験することになったのである。

そういうわけで、受験テクニックとしては、経済学・経営学系統の勉強をし、当該系統の学部を受験することがベストである。テクニックといっても、もしかすると、経済学・経営学を勉強する過程で、受験のための道具だったものが、それ自体に興味を持てるようになれば、御の字ではないだろうか。

人生色々である。編入試験は制度上、歴然と存在している。別に裏口入学でもなければ、姑息な手段ではない。やるかやらないかは、あなた次第である。

【注記】
正確な情報が各大学の窓口で確認してください!仮に間違った情報が記載されていても、責任はとれません。
文系受験を基本的に載せますが、理系を含みます。学士編入や高専だけでなく、大学2年次から受けれる大学を掲載します。一部学士や高専のみ受験可能な大学を誤って掲載している可能性もあります。


■編入学関連オススメ書籍

              

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。