政治経済メモ

政経 (現在センター60点レベル)
9月
勝てるセンター3周
10月
1週間でスピードマスター完璧にする 以後畠山問題集
11月
畠山問題集
12月
畠山問題集、政経問題集の時事問題
1月
畠山+政経80題や早稲田過去で頻出分野をする
2月
同上
こんな感じでしようと思ってます。
政経80題を最初からするべきか迷いました。
早大プレは英語7割国語6割政経3割のものです。




スピスマ全体をを完璧にする(でぶさんのいわれてる通り、少なく頻出分野からつぶします。偏差値にもだすため)
→畠山読みながら政経問題集を1日1章する
→勝てるセンターでその章の確認(演習系の問題集なので少し覚えてからのほうが個人的にはしやすいです)
→これらが全部終わったら政経80題と過去問で頻出分野を潰す。



だいたいこんな感じでやろうと思っています。
効率はそこまで悪くはないとは思いますが、これで本番まで間に合うと思いますか?
ちなみに政経は一日5時間くらいさけます。(なるべく毎日15時間勉強しようとしてます。)
どうでしょうか?悪くはないと自分では思っています。









マーチや早稲田を受ける人は、上の参考書に、「政経問題集 (清水 雅博 著)」を付けるとベター。ただし、相性の良し悪しがあるので、書店で実物を確認してから買うように。また、代々木ゼミナールの「コンプリート政治経済」の講座を取るという方法もある。


Q.畠山には誤植があるそうですが? †
A.初版第5刷以降なら、ほぼ問題は解消されたらしい。買う前に、本の奥付(巻末部分)を確認するように。
 まあ、他の参考書でもしばしば誤植・誤りが見つかることもあるのだが。



 センターを受ける人は、センター試験の過去問(5年分くらいが目安)をすること。
 私大受験者は、自分の受ける大学・学部の過去問をやりこむこと。
 早稲田を受ける場合は、他学部の過去問もやっておくこと。
 (同年度に別の学部で同じような問題が出た実績があるので、予備校の解答速報もチェック推奨。)
 ・
 余裕があれば、同じくらいのレベルの大学の同系統学部の問題や市販の問題集もやっておこう。

初学者にも優しくゼロから丁寧に解説する一方で、最終的に二次レベルにも対応できるくらい細かいところも網羅する。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。