世界史勉強法

注意)まだ完成していません。

・『詳説世界史史』(山川)。

・『青木世界史B講義の実況中継』(語学春秋社)

・『世界史一問一答』

・『実力をつける世界史100題』(増進会出版)
注意)まだ完成していません。

○ナビゲーター世界史(山川)…教科書をわかりやすくした本。実況中継より文はカタイが、穴が少ない。付録は受験に対応していないためよくない。
○詳説世界史研究(山川)…一番詳しい参考書。受験参考書のレベルを超えるマニアックな本なので素人にはお勧めできない。詳しいので歴史的背景や因果関係がつかめる。








世界史・日本史に関しては基本的な勉強の流れはほぼ同じ。
勉強の流れは以下のようになる。


1.講義系の本で流れをつかむ

最初からガリガリやって覚えるのではなく、マクロ的な視点で全体の流れをつかむ。
とにかく理解することを目標にする。細かいところは気にせず、むしろスピーディにどんどん読む。

2.教科書を何度も通読する

講義系の本で流れを理解しあとは教科書を読む。とにかく読む。教科書は確かにわかりにくい。
ただ、それは情報の密度が濃いためのもので、流れを理解した後なら、非常に情報がコンパクトにまとまっている良書として使える。何度も読むなら教科書のほうが効率的。受験直前期までバイブルとして使用する。

3.問題演習をする
②暗記する
 ①ではただ日本史を知って、理解しただけなので、暗記はできていない。暗記を繰り返し繰り返しすることが大切である。


志望校過去問研究


―教科書

・『詳説世界史B』(山川出版社) 

―講義本

・『青木世界史B講義の実況中継』(語学春秋社)


― 一問一答

・『世界史史B用語&問題2100』(増進会出版)


―用語集

・『世界史B用語集』(山川出版社)


―問題集

○基礎
・流れをつかむ問題集…スピードマスター世界史問題集、はじめる世界史
 (一問一答と流れをつかむ両方から選ぶこと。教科書や参考書と平行してやっていく
・『』はじめる世界史
・『』佐藤の合格圏突破ゼミ
・『』実力をつける100題…Z会の創作問題。ハイレベルな問題、解説がマニアックなので評価は分かれます。苦手な人がこれをはじめにやって挫折した例はよく聞きます。難易度は標準からやや難。
・『』オンリーワン世界史完成ゼミ(旧佐藤の合格圏突破ゼミ)→過去問で作られた問題集。
 私大のいろんな形式、私大よくでるの問題を体験できます。難易度は標準。
・『』旧版の佐藤の合格圏突破ゼミから新版のオンリーワン世界史完成ゼミに買い直す必要はない。
・『』Z会のはじめる世界史…Z会が出している過去問で作られた問題集。難易度は基礎~標準。
・『』『スピードマスター世界史問題集』(山川)…流れの確認、基礎固めに良い
『世界史問題集(山川出版社)』
『二次私大世界史B問題集』(山川出版社)

・『実力をつける日本史100題』(増進会出版)
・『攻める日本史 近現代 実戦演習80』(増進会出版)  
・『攻める日本史 文化史 実戦演習60』(増進会出版)


~参照するためもの~
以下適宜そろえておくとよい。

用語集:日本史B用語集(山川出版社)
史料集:『日本史重要史料集』(浜島書店)
図説集:『総合資料日本史』(浜島書店)
※史料集・図説集は学校で配られたものでもよい。
わざわざ買い替える必要はない。

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。