労働市場の規制緩和に思う

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
諸外国の事情は詳しく知らないが、日本では正社員になるためのハードルが高い。特に、新卒で失敗したり、あるいは、成功して正社員になれてもそこからドロップアウトすると、這い上がることは難しい。こういった話はよく聞くが、何とかならないかなと思う。ただ、こういった事情への処方箋として、労働市場の規制緩和を唱える人がいて、そういった方々は

企業が正社員を解雇しにくい
→雇用が増えない
→正社員解雇を容易にする
→企業は人を雇うようになる
→失業率が低下

という理屈をたてるが、雇用全体のパイそのものが縮小しているので、流動性を強化したところで、企業が正社員を遠慮なくクビにしただけで、雇用が増えない、という現象がおきるだろう。

必要なのは、デフレ下にあり経済全体が縮小傾向にあるのでこれを食い止めることだ。中国の安物輸入デフレ説や
人口減少デフレ説など、デフレの原因を論じるものは諸説あるが、物価は基本的にお金とモノの関係であるから、金融政策が効かないという前提はおかしい。

確かに、日本の金融市場は流動性の罠にはまっており、単にマネタリーベースを増やせば、マネーストックが増え、物価が上がるという簡単な話にはならないが、これは金融緩和をやらない理由にはならない。ほかの手段を考えるべきだ。

私はリフレ派を支持するから、詳しくはリフレ派のロジックをググっていただきたいが、金融緩和と同時に財政出動をし、需要を増やす。需要を増やし、今日本の需給ギャップが具体的には忘れたが、大体20兆円ほどあるといわれる(需給ギャップとは、実際のGDPと潜在GDPの差額)ので、これを目標に需要を埋めていく。もちろん、潜在GDPは理論値だから、20兆円埋めれば、日本経済が回復するという単純な代物ではないが、少なくとも、財政出動と金融緩和をする余地があることを示してはいるはずだ。

金融緩和でハイバーインフレに絶対にならないとは言えない。しかし、デフレが深刻な日本で、やるべき金融政策は残っている。どんな政策にもリスクはつきもの。金融緩和を反対する人は、規制緩和など、聞こえはいいが実体は制度や慣習をぶっこわすものを唱えるのではなく、真の意味での三本目の矢にあたる成長戦略を提示すべきだ。ただ、政府がどういった産業が成長するのか、わかるはずもない。景気がよくなってから、イノベーションがおきる環境をつくればいいのであって、やるべきことはまずはカゼを直すこと。筋トレはその後でよい。順序を逆にしてはいけない。





スポンサーサイト

書籍の衝動買いにご注意

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
最近、アウトプットの大切さを痛感せずにはいられません。インプットとアウトプット、どちらのほうが脳みそに負荷がかかるかといえば、これはアウトプットでしょう。もちろん、重厚な古典を丹念に読み込む作業と、友人との気軽な会話では、前者のほうが頭を使いますが、こういった極論を除けば、本を読むより、文章を書いたりするほうがエネルギーを要するわけです。

私たちはともすると、楽なことに流されがちで、本屋で売れ筋の本を買うことはしても、本を提供する側になろうとはつゆほども思わないわけです。金に糸目をつけなければ、本を買うこと自体はそれほど労力を要しませんし、それでいて知的な作業に従事している感覚が得られてしまうので、たちが悪いのです。大体において、ベストセラーなるものは、例外を除いて、ほとんどの人が支持する内容が書かれているゆえに、薄味テーストに仕上がっています。こうした本は読みやすくて、何か時流にのっている気分になれても、手元には何も残らないのです。頭に内容が残らないのは、内容が詰まっていないことも要因ですが、それだけでなく、読み手側の目的意識がの欠如も大きいと思うのです。

目的意識をもって本を読め、とはよく聞くフレーズです。至極もっともで、これに異論はありません。ただ、天才を除き、普通の人は、そこまで目的意識なり問題意識なりをもって生活を送っていません。誰もが学者ほどの目線で生活をしていたら、事が回りません。だから、トヨタ式のなぜなぜ5回も大切ですが、現実的な生活を送る上では、あまり頭が浪費しすぎない程度に目的意識を持つことが大事です。それをもってして、読書に向かうことが肝要なのです。

具体的に言えば、本屋に行って、なんとなく売れてるから、とか、なんとなくこの近辺の知識を仕入れたほうがよい気がする、といった漠然とした意識で本を購入しないことです。そこからはじめるのが大事だと思うのです。実際、自分もそういった意識を持ってからは、本を買う頻度が激減しました。

例えば、アベノミクスなんてことば世間で流布しています。本屋にはこの単語を題した書籍があふれています。そこで、ちょっと旬なアベノミクス関連の本を買ってみようかしらん、なんて思ってしまうわけです。かくしてベストセラーはつくられる。ここで立ち止まって考えるべきなのです。

アベノミクスってなんかしらんけど、経済政策のことみたいだ。しかし、これを知って自分にどう影響するのだろう。株を買うのか?仮に買うとしても、『図解 アベノミクス』的な本を読んで、株式投資に生かせるほどの知識が生かせるか?金融緩和で円安になっている、程度に知識ならネット検索で十分じゃないか?

あるいは、営業のサラリーマンの方がいたとして、顧客との会話でアベノミクスという単語が出てきたときに対応できるよう、概要は知っておこうと思い立ったとして、本当に本を購入してまでその知識を仕入れる必要があるのか。営業という立場として、顧客にアベノミクスの話をされたとき、知ったかぶらなくてはいけないのか?逆に顧客に質問して、それが会話のタネになったりしないのか?いや、金融の営業ならそうはいかない、という話なら、それこそ、巷で売れている本程度の知識で営業に回ってはならないでしょう。最低限、金融政策関連の本を読むべきでしょう。そうして、リフレ派と反リフレの関係などを最低限理解しておくべきでしょう。

こうしたことから、何がいいたのかというと、つきつめて考えれば、研究者とかシンクタンクとかそういった特別な職業の人は除いて、ある本を購入するほどの目的意識が日常生活で醸成されることはないと思うのです。大枚はたいて本を買うことはないのです。どうしても知りたい分野があれば、それは本という形態でなくても、ネットで調べることは十分可能です。それで事が足りれば、部屋のスペースの有効活用にもつながります。

私はいわゆる、断・捨・離を是としているので、できるだけモノは購入しないという思想にとらわれているゆえ、若干偏った意見だとは思いますが、本を買う前によーく考えてみると、それ自体、頭の訓練になるでしょう。

ロジカルシンキングの本を買う前に、ロジカルに、その本を買う必要性を検証してみるのです。

IT研究者 石井裕

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
僕はNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』がすごく好きで、羽生さんのことを好きになったのもこの番組がきっかけなんですが、羽生さんの回の次に好きな回がこちらの動画です。色々感動するシーンはあるのですが、一番泣けるのは、この石井裕さん、MITの教授なのに英語がうまくないんです。僕も英語はできないので偉そうなことは言えませんが、発音がひどい。表現もおそらく、ネイティブからすると、不自然。でも、そんな下手くそな英語を、発音のきれいさ、表現のうまさなんか意に介さず、MITの学生達が真剣に耳を傾けている。その姿を見て、僕は感動してしまうのです。『未来への挑戦状 石井裕』

http://v.youku.com/v_show/id_XNDU2NzE0ODU2.html

いしい

猫と文学と

お、変な顔があると思たら、われか。まだ生きてたんか。何帰ってきてんねん。え?ちょっと野暮用で?実家に?知らん知らん。そんなんどうでもええねん。お前がどこで何をしてようが、世の中になんの影響も・・・ってなんや、話の腰を折るやっちゃなぁ。え?何読んどるってこれは不朽の名作『わいは猫やで』に決まっとるやないか。最近なぁ、文学に目覚めてなぁ、作家になろうと思て毎晩・・・おい、ちょっとまてや。われ、今懐疑的な顔したやろ。あかんなあ、そういうのはあかんで。確かにわれとわいは10年以上の付き合いやけど、猫やからってなめたら痛い目あうで・・・っておい!その手にぶら下げとるやつはなんや!?もしかして大阪土産かいな!おおお、少しは頭回るようなったんやなぁ。われも成長したやないか、どれどれ・・・っておい・・・なんや・・・これおこしやないか・・・。なんで大阪土産におこしやねん。なんでカルカンとか猫用の土産こうてへんの?なぁ、それは人間のエゴやの?・・・はぁ・・・自分知っとるやろ?わい、ちょっと不出来な人間を見るとひっかきたくなる奇病があるって、なあ。わかるやろ?ってこらぁ!言ったそばから何逃げとんねん!!ちょっと待てえ、待たんとしばくぞこらああああ

ねこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。