ここではセンター数学の勉強法について扱います。

センター試験の数学は一般の入試の対策では足りません。センター個別の大作が必要です。もちろん理系の人だったり、文系でも数学を武器にしようと思っている人にとっては過去問を数年分とけば九割得点できるようになるでしょう。しかし、大半の人はセンターの時間制約と誘導問題形式に戸惑ってしまい、実際の実力以下の得点しか出せない可能性が高いのです。このことから、センター特有の大作をすることが必要になります。また、センターの対策からまなべる数学テクニックなどもあるので、センターだけのための勉強というわけではありません。ちゃんと一般入試でも戦えるテクは身に付きます。

というわけで以下解説してきます。


まず、センター特有の形式に慣れること以前に、基礎知識がないことには始まりません。

実のところ、基礎知識の習得が大切といえども、センターに必要な知識は一般入試で要求されるそれより少ないのです。だから、本来ならチャート式などの参考書でしっかりと土台を固めてからセンターに臨むべきなのですが、センターに出る基礎知識の部分を身につければ、問題ないのです。そのため、センター試験のための基礎知識習得本が必要になります。そこで数学ⅠAⅡBそれぞれ以下の参考書から導入としてやりましょう。


ほぼゼロ知識からはじめることができます。
センターの問題に取り組むための知識をここで身につけます。






 


センター数学がどうしても苦手だけど、受験を避けることができない場合、コンピューター分野を勉強しえ受験するという手段もあります。ただ、私自身そういう経験はありませんし、周りでも聞いたことはないのです。コストパフォーマンス的には通常通り受験するのが一番だと思いますが、どうしても困っている人はこんなやり方もアリという一つの例として知っておいてもらえばと思います。




・数学の勉強法参考図書


スポンサーサイト

理系数学

ここでは理系数学の勉強法について扱います。

数学の勉強はともするといきなり問題に取り組みウンウンうなるきつそうなイメージがあります。
しかし、最低限の知識がないのに問題を解くのに意味はありません。たとえば、語学などの場合基礎単語や文法を覚えないと読解することはできません。数学の場合も同様で、決まった解法=定石というものが存在します。解法をある程度頭の中にストックして、はじめて思考する段階にいけるのです。しかしながら、いきなり解法暗記→思考力養成ではつまづく可能性があります。そのため、ならし運転的なものとして移行期を設定するとよいでしょう。ということで、

数学の勉強法は

①解法暗記 ⇒ ②移行期 ⇒ ③思考力養成


の順序になります。




①解法暗記

  


この本を使って解法を暗記します。この一冊で基礎的解法の分量は十分ですが、
体裁はチャート式のようですが、各章ごとにその扱う項目について詳しい実況中継風の解説がのせてあります。実況中継ほど冗長ではないのに、まとを得ている説明なので、これ一冊から始めて問題ないでしょう。分量は多く感じますが、問題数もチャート式ほど膨大に掲載されているわけではないので、見た目ほどきつくは感じないでしょう。
最低2~3周すること。くりかえし、解説部分を読むこともわすれずに。

ただし、これだけでは分量・計算量が足りません。ここで覚えた解法をもう一度はきだすつもりで、かつ計算力を養成するつもりで以下のものをやりましょう。


チェクリピ チェクリピ2 チェクリピ3

基礎的解法の習得と計算力の養成を目的とした参考書です。
問題 ⇒ チェック(基礎事項の確認)⇒ 解説・解答 とコンパクトにまとまっています。
上記の数学の本質に比べるとやややさしい感じもしますが、ここで土台を作って足腰を鍛えるつもりで
どんどん進めましょう。これも目安として2~3周します。二回目以降はあやしい+間違った箇所のみでいいです。
効率的にやりましょう。


②移行期


     

この大学入試一対一シリーズでは、入試問題の中でも標準的なものに的を絞った問題集です。量と解説の質が非常に良いです。基本一ページに一問例題とその類題で構成されています。解説もシンプルなものからちょっと凝った別海も掲載。コンパクト&スマートを体現したものと言えるでしょう。



以上の参考書で①解法暗記⇒②移行期までは完成です。
完璧に溶ける問題以外、すなわち、解けてもちょっとでもあやしいなと思った問題と間違った問題は繰り返しときなおすことが大切です。直前期の見直しの際にも同様のことをしてください。

③思考力養成については ⇒ 最難関大理系数学を参照。
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。