合格体験記

―合格体験記(アンケート)―

うさこさん合格体験記
owataさん合格体験記


合格体験記(アンケート)

対象:2009年度受験生、大学受験を経験したことのある人(大学生など)


 まだ入試真っ只中で気が早いですが、アンケートに答えていただきたいと思いつくりました。対象は2009年度入試で合格された方 or 入試を数年前に終えた方です。合格体験記をデータベースとして残しておけば、今後の受験生に何らかの形で役立つと思いますので、ご協力よろしくお願いします。特に、どの使用参考書と単発質問は詳細に記述していただければと思います。ちなみに、合格した大学は必ずしも書く必要はありません。

 というより、管理人の体験記をのせろというはなしですよね。。。書きだすと妥協しない性分なので、普通に一週間くらいパソコンにへばりつかないと書けない気がします。受験や陸上に対しては思い入れが強いので、適当に書きたくはないのです。ただ、管理人がどういう参考書を使ってきたのかという、”参考書使用遍歴”的なものは後日残すつもりです。

重ね重ね、ご協力よろしくお願いします。
以下質問テンプレをコピー&ペーストしてコメントしてください。

※ショートカットキーを使うと便利です。
Ctrl+c ⇒ コピー
Ctrl+x ⇒ 消去
Ctrl+v ⇒ 貼り付け
Ctrl+z ⇒ 一個戻る

≪↓↓ここから↓↓≫

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
※合格大学は必ずしも書く必要はない。

科目別使用参考書

□名前 :

※合格大学 :

□現役・浪人 :

□予備校 or 宅浪 :

□科目別使用参考書-----------------------------------------

例えば・・・・・

・[ 現代文 ]⇒ ことばはちからだ、ゴロゴパターン、現代文と格闘する、etc・・・

・[ 古文 ]⇒ ゴロゴ、マドンナ古文、中堅私大古文演習、最強の古文、etc・・・

・[ 日本史 ]⇒ 石川実況中継、山川教科書、山川用語集、etc・・・

・[ 英語 ]⇒ DUO、core1900、ポレポレ、ロジリー、etc・・・

-----------------------------------------------------------



□単発質問-------------------------------------------------

・志望校における一番良かった模試の判定は?


・あなたの趣味は?


・子供のころの夢は?


・今考える将来の夢(or職業)は?(大胆に答えてもらって結構)


・志望校を志望した理由は?


・いつ受験勉強をはじめましたか?(大体で結構)


・自習はどこで行っていましたか?(図書館、予備校の自習室、喫茶店…)


・受験期にスランプはありましたか?また、それはどのような状況でしたか?


・得意だった科目(複数回答可)


・不得意だった科目(複数回答可)


・受験勉強で得たものは?


・合格した感想をどうぞ


・最後にひとことどうぞ!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪↑↑ここまで↑↑≫


ご協力ありがとうございました!!!
スポンサーサイト

統計学

統計学は数学です。経済学の分野においても統計学のひとつである計量経済学が流行っています。経済学をやるだけでなく、文系方でも卒論などの研究作業の際に必須の知識となります。受験にかかわらず、将来的に必ず必要となるので、やって損はない科目です。

以下、文系の方向けの統計学テンプレプランを提示します。
初歩的(高校数学レベル)な段階から、編入試験・大学院入試まで対応できるプランです。
ただし、前述のとおり、統計学は数学ですので、並行して大学教養レベルの数学も身につけるように
するとイイと思います。

【入門】

統計学の入門書でおすすめなのは



超入門書です。数学が苦手ない人でも無理なく読めます。高校初歩レベルの数学がわかれば問題ありません。

次に入門レベルの本に進みましょう。理系の方はここから読んだほうがちょうどいかもしれません。



上記の2冊をしっかり読み込めば、大学の定期テストに十分対応できると思います。
ここまで理解しきったら、すこし分厚いですが、


をマスターしましょう。幅広くトピックを扱っているので、漏れが少ないです。
練習問題も付いているので試験対策として万全を期することができます。

財政学

財政学の入門書は




が最短で財政学を概観できるので、おすすめ。

これを読了後、幅広くトピックを扱うなら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。