社会学

社会科学ではなく、社会学の対策について述べる。
私自身、本格的に社会学の勉強をしたことはないが、大学1年次の授業や、知り合いなどの話から専門書を提示する。


『社会科学系への小論文』

社会科学と題されているが、十分社会学の小論文にも適用できる。

『社会学』『社会学入門』『社会学のエッセンス』『命題コレクション社会学』です。


以下のサイトを参考に書かせていただきました。非常に役立つサイトばかりですので、一見の価値ありです。
■参考サイト一覧

編入学@mikli
スポンサーサイト

編入試験入門

◆編入試験とは?

編入試験とは編入学を許可されるために受ける試験を指します。
編入学とは、学士保有者、大学二年次修了者、高専・短大卒者向けの試験で、大学に3年生として
入学するシステムである。誤解を恐れずに言えば、編入学は希望先の大学に3年生として入学でき
制度である。受験資格として、大まかにであるが5くらいがあげられる。以下のいずれかを満たしている必要がある。

-出願資格(※一般的なものを提示しています。志望大学によっては異なるので自身の目で確認を!)
□1. 学士の学位がある(見込みも含む) ※学士とは大卒と同義
□2. 大学2年次を修了し、所定の単位を取得している(見込みも含む)※
□3. 短大を卒業(見込みも含む)
□4. 高等専門学校を卒業(見込みも含む)
□5. 外国において前上記ののいずれかに相当する資格を得たと認められた

さて、このサイトでは、私がそうであったように出願資格2.を満たす人向けに編入について語りたい。このサイトに記載されている対策は、大学生だろうが、社会人だろうが、短大生だろうが、高専生だろうが関係なく有効であるが、試験に臨む気持ちや雰囲気は、私の経験に沿って述べるので、結果的に大学2年次修了向けに記述したい。

ちゃんと授業をこなせば、二年間で卒業することができる。受験生は基本的に、大学生だが、大卒が含まれていれば、社会人も受験生として参戦するし、短大や専門学校卒業も受験資格に入る。要するに、大学3年生として、入学するわけだから、大学や短大専門学校で2年間在籍し、卒業なり単位をある程度取得していることが条件となる。

さて、では、受験そうはどのような人物が含まれているのかというと、人数順で言えば、正確な統計を取ったわけではないのでわからないが、第一に大学受験リベンジ組、第二に編入試験からマジ組、第三に、社会人や短大、専門学校をでて学問を追求したい方たち、または難関大に入ることでキャリアアップを図る方たち。私の書簡では、多くは今いるor卒業した大学のレベルよりひとつふたつ上の大学に入学して、キャリアアップを図りたいが大半で、本当にやりたい学問があり、それを達成するためにその大学に行くという人は少ないように思える。

ちなみに、国公立含め受けれる大学の数に制限はない。日程さえ、かぶらなければ、理論的には20校だって受験可能である。ただし、位階の受験に3万円程度かかるし、大学によって範囲がまちまちで、多数の受験はすなわち広範囲の学習をせまられることを考えると、下手な鉄砲はあまり得策ではない気がする。

■結論
・大学2年次を修了して、所定の単位を取れば編入できる
・編入の目的多くは、受験リベンジ、キャリアアップ組。
・旧帝大などの難関国立大も複数校できる

最後に、某ネット掲示板にあったQ&Aの改良版をのせておきます。

Q1:編入とは?
A1: 編入学とは、ある条件を満たした場合に受験許可が与えられる。多くは2年次修了、学士資格が必要(1年次修了もある。試験に合格するとその大学に3年次(2年次)として入学する事が出来る。

Q2:試験科目は何があるか?
A2: 英語、専門科目、面接、書類選考、仏独西中などの外国語。
Q3:出願資格は?

A3:大学によって異なるが、単位や学位がその学校の基準に満たしていれば受験資格を得る事が出来る。
4:予備校には通った方がいいのか?
A4:通わなくても良い。でも通った方が情報は入ってくる。ただし、金はかかる。

Q5:編入後は二年で卒業出来る?
A5: 本人の努力次第で可能。受験勉強のことを思えばなんのその。

Q6:低偏差値だが、高偏差値有名大学には編入できるの?
A6 結論から言えば出来る。ただし入試と同じ様に、大学が定めている基準をクリアしなければならない。

Q7:文系から理系に編入することは可能?
A7: 可能。

Q8:編入した事で就職に悪影響を及ぼす可能性は?
A8:忙しい以外にはない。差別も特に受けない。

Q9:勉強はいつから始めた方が良いですか?
A9: 何時からでも好きな時からで良い。

Q10志望している○○大学の試験日まで、数ヶ月しかありません間に合うでしょうか??
過去問を中心に、的をしぼって勉強しましょう。あと、英語に重点を置くこと。語学で勝てれば、勝算はあります。

■編入学関連オススメ書籍

              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。