編入試験英語対策

編入試験英語対策



■試験形式はほとんどが和訳と下線部説明。難関大では英作も出題される

 編入試験で出題される語学の問題は、記述式が中心であり、特に和訳が大半を占める。
難関大では、英作も出題される。編入試験を受ける大半の方は大学受験英語を勉強されたと思うが、両者の相違点はどこにあるのか。大学受験の英語と編入試験の英語の違いを端的に言えば、専門的な内容が出題されるか否かである。前者の場合、出題文章に関する背景知識はほとんどの場合は必要ないが、後者の場合は英文のバックグラウンドについてチンプンカンプンだと正確な解答を記述できないケースが多い。というのも、和訳をする際、専門用語が下線部に含まれるため、専門用語の直接的な訳もさることながら、その単語の意味とそれに関連する知識がないと下線部全体を訳すことができないからである。

■単語、文法、解釈、専門知識をつける
 
 大学入試同様、編入試験の英語で必要な能力は、単語力、文法、構文把握力、専門知識である。
ひとつ違いをあげるとすれば、パラグラフリーディング的な読解力をつけることを目標としないところである。まずは英語の専門用語を覚えることが先決だ。をもちろん、パラリー能力必要だ。段落ごとに全体を俯瞰することができれば、未知の箇所も言わんとするところは理解できるからだ。しかし、言わんとすることを漠然と理解できても得点には結び付きにくい。和訳などの場合、特に編入のような専門用語が頻出する問題では、読解以前の専門用語の単語を知らないと訳しようがないからだ。例えば、経済学で出てくる the law of diminishing marginal utility という語句は 限界効用逓減の法則 と訳される。独自の解釈で訳しようがない。もちろん、意訳する箇所などは全体を据える能力が高いほど、うまくいく可能性が高いが、とっかかりとしては、単語それも難解な専門用語を覚えなければどうしようもないのだ。


■英語が苦手な人は英語基礎テンプレをまず参照。

 英語がどうしても苦手な人は、大学受験の基礎レベルからやり直す必要がある。基礎からやり直すと聞くと、試験日までに迷うのだろうかと心配するかもしれないが、問題ない。基礎しっかりすれば、あとで飛躍的に伸びる。英語はひとつ覚えればひとつ能力があがるといったことはない。その代わりに、単語文法解釈が有機的につながったとき、爆発的に伸びるのだ。むしろ問題なのは、基礎がおろそかになっているのを本人が気付かず、難解な参考書ばかりに手を出してあまり顕著に伸びなかった結果、不合格になってしまうことだ。あくまでの憶測だが、不合格者のほとんどはそのようなケースに陥っているのではないか。基礎はおろそかにできない。あせらずひとつひとつしっかりこなそう。


以下では、単語力、文法、構文把握力、専門知識を身につけるためのプランを説明する。


【 単語 】

 編入試験、院試、大学受験問わず、必須な語彙がある。これをコア単語と呼ぶことにする。
編入試験や院試用の参考書はあまりいいものがない。マーケットが小さいのが一番の原因で、おそらく作ったわりにあまり高収益を望めない。だから、いい参考書をつくる気が起きないといったところか。そのため、いい参考書は大学受験市場にゴロゴロ転がっているので、そこから探そう。

大学受験用のところでもおススメしているのが

『DUO 3.0』(シーエーピー)

 である。説明不要、英語参考書界の超大物である。万人に進めることができる参考書だ。560の例文で、重複なく1600もの重要単語と1000の熟語がマスターできる。例文を覚えるだけでも英作やスピーキングの対策になるし、その例文も頻出なものなので、それを丸暗記するだけでも文法や語彙の穴埋めに効果抜群。実際にその例文と全く同じものを某私立大の赤ホンで見つけたことがあるし、例文が全く同じとはいかなくとも、かなり似通った問題がDUOをやっただけで解ける問題が少なくない。詳しく知りたい人は、アマゾンのカスタマーレビューを参照されたい。一番批評が少ない英単語帳ではないだろうか。自分もこの参考書は一生使い倒したいと思っているほどだ。それだけDUOを完璧にするということが難しい証拠でもある。派生語も含めれば、5000語超になるので、本当の意味で完璧にすれば、恐ろしいくらい広範にわたる語彙をカバーすることができる。
 という感じで、つらつら書き連ねたが、とにかく神の書である。付け加えるのを忘れたが、この本は別売のCDと併用することは強制である。併用しなければ、使用価値が他の単語帳と同じになってしまう。一時間で560例文が復習できるし、別で紹介する2倍速マシーンを使ってパソコンで再生すれば、30分で現代頻出語彙を復習できるという驚異的な効率性を発揮する。
 兎にも角にも、CD(復習用)を併用して、シャドーイングにシャドーイングをしまくり、のぞをからせて、英語総合力を高めることに注力すれば、編入試験だけでなく、その先の国際社会の舞台が待っている。本当に、本当に、お勧めの一冊である。


もしDUOがどうしても肌に合わないという人は、これも大学受験界においては、第名著である

『システム英単語 ver.2』(駿台文庫)

を使用しよう。ミニマムフレーズという、フレーズが頻出うするし、これはDUOが語彙問題で発揮した効果と同じものが期待できる。こちらは、DUO異常に語彙は豊富であるし(とはいえ派生語も含めた早慶歳数はDUOがうわまある)、DUO同様多義語や訳が秀逸なので、使う勝ちあり。和訳、記述が中心の編入入試においては、ちょうどいいかもしれない。




【 文法 】

単語力の次は文法である。
大学入試とは異なり、編入試験は記述式の専門の英文を多量に和訳したり英語で記述をしたりする問題が中心である。そのため、和訳と英作をするための基礎となる箇所の文法を学ぶ必要があるが、細かい文法事項まで網羅した参考書をやる必要はない。必要な個所のみピックアップしてやるといいだろう。

『大岩のいちばんはじめの英文法』(ナガセ)
『仲本の英文法倶楽部』(代々木ライブラリー)
『明慶徹の英文法が面白いほどわかる本』(中継出版)
『今井の英文法教室 上』 (ナガセ)
『今井の英文法教室 下』 (ナガセ)

『安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 1 入門編』 (ナガセ)
『安河内の〈新〉英語をはじめからていねいに 2 完成編』 (ナガセ)

『総合英語Forest 6th edition』(桐原書店)

【 構文把握力 】
文法の次は構文把握力である。
小難しい表現を使うと煩わしいので、簡単に英文解釈と言うことにする。
これは、英文解釈は大学受験用の参考書に良書がおおく見られるので、それらを紹介する。
大学受験用の参考書と言ってもなめてはいけない。しっかいこなせば、どんな英文でも構造だけなら読みこなすことはできる状態にもっていける。話はそれるが、実際のところ専門書で構造が難解すぎる英文はあまりない。少なくとも古典でなければ。というのも、いくら専門書といえど、伝えることに書物の意義はあるわけで、わざとわかりにくく書く必要性はない。むしろ名著といわれる教科書は非常に読みやすい。例えば経済学者マンキューのそれなどがあげられる。
というわけで、上記同様おすすめの本を


『大矢英語読み方講義の実況中継』(語学春秋社)
『入門英文解釈の技術70 』(桐原書店)
『基礎英文解釈の技術100 』(桐原書店)
『英文解釈の技術100』 (桐原書店)
『英文読解入門基本はここだ!』(代々木ライブラリー)
『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)
『ビジュアル英文解釈 (Part1)』 (駿台文庫)
『ビジュアル英文解釈 (Part2)』 (駿台文庫)
『英文解釈教室』(研究社)
『英文和訳演習 (中級篇)』 (駿台文庫)
『英文和訳演習 (上級篇)』 (駿台文庫)
『英文読解の透視図』(研究社)
『基礎英文問題精講』(旺文社)






『The Economistの記事で学ぶ「国際経済」と「英語」』(日本評論社)
『英語で読む最新世界経済入門 』(朝日新聞社)
『基礎からわかる金融英語の意味と読み方』(日興企画)
『英語で学ぶ日本の金融』(有斐閣)
『金融英語入門』 (東洋経済新報社)
『The Economistの記事で学ぶ「国際金融」と「英語」』(日本評論社)
『ライブ解説!社会科学系大学院への英語』(東京図書)
『英字新聞が読める!聞ける! 経済・ビジネス編』(The Japan Times)
『英字新聞が読める!聞ける! 政治・社会編』(The Japan Times)
『世界の歴史の知識と英語を身につける』(ベレ出版)
『テーマ別英単語ACADEMIC 中級〈01〉人文・社会科学編』(Z会)
『テーマ別英単語ACADEMIC上級〈01〉人文・社会科学編』(Z会)
『テーマ別英単語ACADEMIC上級〈02〉自然科学編』(Z会)
『テーマ別英単語ACADEMIC 中級〈02〉自然科学編』(Z会)
『速読速聴・英単語Business 1200』(Z会)
『速読速聴・英単語Advanced 1000 ver.3』(Z会)
『出る順で最短合格! 英検1級単熟語』(The Japan Times)
スポンサーサイト

ミクロ経済学

ミクロ経済学の核をなす学習項目は、消費者行動と企業行動、そして一般均衡理論である。それぞれ効用最大化、支出最大化、利潤最大化、費用最大化を理解することが重要である。ゲーム理論や市場の失敗、国際貿易論等は個別の分野として補強するといいだろう。まずは、上記の挙げた基礎的部分を理解するために、ミクロ経済学の参考書で学習をすすめる。
 経済学全般に関して言えることは、とっつきにくい!、ということである。はっきりいって、初学者がすんなり「な~るほどね」なんてノリで勉強することはほぼ無理だと思う。最初は、肩の力が抜けたゆる~い参考書で、経済学全体を概観し、より厳密に数式を用いたモデルを専門書で学習する。とはいえ、数学的厳密性が必要になるのは、学部上級・大学院以降の話であるので、苦手な人でも対策次第で十分に戦えるレベルまで持って行ける。以下ゼロからのミクロ経済学対策を示す。



『単位が取れる ミクロ経済学』(講談社)
 

---

『ミクロ経済学入門』(岩波書店)




『ミクロ経済学』(新世社)



『演習 ミクロ経済学』(新世社)



↓↓

『ミクロ経済理論』(有斐閣)



『ミクロ経済学』(東京大学出版会)

■マクロ経済学

マクロ経済学テンプレ
ゼロから編入試験対策~院試対策


経済学の双璧をなすミクロ経済学とマクロ経済学。ここでは、後者のマクロ経済学について述べたいと思う。マクロ経済学(Macroeconomics)のマクロは巨視的なという理解で差し支えない。ミクロ経済学が、家系や一企業を対象にしているのに対し、マクロ経済学は巨視的な視点から、一国の経済状態を俯瞰する。
…というの通常のマクロ経済学に対してなされる説明だが、マクロを1ミクロンも勉強したことのない人にとって、いくら五卓を並べられても意を介されないのが関の山。マクロ経済学を勉強する上での特徴を言えば、数学的な要素がミクロ経済学に比べて薄いということである。大学院レベルのマクロ経済学は、ミクロ経済学的要素が多分に含まれており、数学的手法がバンバン登場するが、こと大学院入試、編入試験、学部上級レベルまでに限って言えば、高度な数学的知識は要求されない。なので、文系出身の受験生にとって、とくに受験科目に数学がなかった人でも、中学生レベルの数学知識で理解することが可能だ。

マクロ経済学に関する名著は別掲するとして、ここでは編入試験、さらには大学院入試も視野に入れたマクロ経済学の学習コースを提示したいと思う。

基本的な流れとして、

【入門書】



【コア(核となる参考書。これ一冊を完璧にする方針)】

【問題集】



【応用書】



【論点別専門書・論文等】

という感じになる。


さて、まず入門書としていろいろあるが、以下の中から自分に合ったものを選んでほしい。


----【 入門書 】--------------------------------------------
・『単位が取れる! マクロ経済学ノート』(講談社)
・『コンパクトマクロ経済学』 (新世社)
・『マクロ経済学 入門』(日経文庫)


・『マクロ経済学まるごと実況中継』(TAC出版)

・『らくらくマクロ経済学』(週刊住宅新聞社)

---------------------------------------------------------


次に核となる参考書を上げる。通商中谷マクロと呼ばれている名著である。
とりあえず、これを完璧にすることを第一目標とする。

【コア】+【問題集】

『入門 マクロ経済学』(日本評論社)
     +
『スタディガイド 入門マクロ経済学』(日本評論社)

【応用書(中級 マクロ)】

『マクロ経済学』(新世社)
     +
『演習マクロ経済学』(新世社)

【その和書で有名なもの】

【その他外国書で世界的に有名なもの】

以下のものは世界的に著名な経済学者により執筆されたベストセラーである。
ただし、何点として練習問題があるが、答えがないところがあげラえれ鵜。
確かに、マクロ経済学という学問を学習するのが主目的であるが、本来の目的として
我々は編入試験ないしは大学院入試において高得点をとることがあげらえれる。
要するに、”点を取ってナンボの世界”なのである。だから、中谷マクロ+練習問題をごりごり
完ぺきにこなせば、一番効率的なかつ高得点が望める対策だと思われる。

もちろん、興味があるなら読まれることを強く勧める。
原書と併用すれば、英語の学習にもなる。

・『マンキューマクロ経済学Ⅰ 入門編』(東洋経済)
・『マンキューマクロ経済学Ⅰ 入門編』(東洋経済)

・『ブランシャール マクロ経済学 上 』(東洋経済)
・『ブランシャール マクロ経済学 下 』(東洋経済)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。