スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップページ

【はじめに】
■自己紹介 
■さんこうしょ帝国について

【 まとめページ一覧 】
■コラム 
■就活関連 
■編入試験
■受験英語テンプレ 
■大学受験テンプレ 
■その他資格試験テンプレ 

【 受験講座&相談所 】
■受験英語講座 
■受験相談所

【おすすめ書籍の紹介】
■さんこうしょ帝国の本棚
■どらごんの本棚

【個人指導のご案内】
■スカイプで英語個別指導

【さんこうしょ帝国がすすめるサイトの紹介】
一流大学への道
ビジュアル英文解釈の使い方
高校中退から早稲田へ
最強の勉強方法を考える
大学受験.com


人気ブログランキングへ  ブログランキング 大学受験 大学編入学・社会人入試
FC2 Management

絵に描いた餅

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
大体において、自分は絵(計画・構想)を書くのは得意だが、実行に至らないというまったくもって本末転倒なことがたびたびある。

それも、具体性のない、淡い絵を頭の片隅に掲げて、これを眺めて悦に入るうちに、時間はむなしく過ぎ去る。

で、現実として自分ができていることというのは、頭の中では鮮やかである絵とは遠く離れている。

こんなのを昔の人は絵に描いた餅と表現したわけで、言い得て妙としかいいようがない。

今一度、気を引き締めたい次第。


常識と非常識の隙間

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
ある出版社の採用HPに

「常識をやぶるためには、まずファーストステップとして、その常識そのものに精通しなければならず、それを元に常識の壊しかたを探る、すなわち、クリエイティブな作業をするのに至るのである」

といった意味の文章があった。

思わず膝を打ってしまった。

そうなのだ。

逆説的だけれども、非常識になるためには、まず、常識的にならなければならない。

だから、創造的な仕事をしたい人こそ、当たり前なこと、平凡なことを蔑ろにしない習慣が必要なのである。

そうした生活習慣を基礎にして、奇想天外な発想が生まれるのである。

けだし、納得した次第。


モーツァルト 作業用BGM

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
最近は作業用のBGMとしてモーツァルトを聴いています。

彼の破天荒な人生とは裏腹に、音楽そのものは美しく、そのギャップが妙にワクワクさせてくれます。

小学生の頃、伝記で読んだときは、不幸な天才といった印象で、決して「ケツの穴」などを口にするような変態とは思っていなかったのですが、いわば小学生のときに出会ったモーツァルトは"きれいな"モーツァルトだったわけですね。

小学生の頃、折りしもピアノを習っていましたが、モーツァルトがぶっとんでいる人だと知っていたら、ピアノを習う姿勢がまた違ったものになったんじゃないかな、と慨嘆したりしますね。



NHK WEBニュース

  • カテゴリ:雑記
  • コメント:0件
  • トラックバック:0件
  • EDIT
最近、テレビはあまり見ないが、ニュースをチェックしたいというときに、NHKのウェブニュースサイトが便利だ。
テレビで放映されたものを、1分~2分程度に細切れにして、分野ごとにニュースが整理されている。
連続再生を押すと、順番にニュースをすべて見ることも出来るし、必要な分野のみピックアップして再生することも出来る。
他局も似たようなサービスがあるが、ニュースの中身と画面の操作性の観点から考えると、NHKのサイトが一番便利なので、オススメです。

newsweb24_1_7.jpg

http://www3.nhk.or.jp/news/index.html?page=mov
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。